知っているようで知らない!?日経平均株価とは?

毎日のようにTVのニュースなどで日本株式の代表指標として流れている日経平均株価。

株式投資をしている方は、なんとなく今日の株価が昨日の株価と比べて上がった、下がったとか、いついつの大相場の時と比べてどうだ、などと判断材料として意識しているとは思います。

しかし、この日経平均株価。実は具体的にどんなものか知らない方も多いのでは?

日経平均株価は日本経済新聞社が選定した、東京証券取引所第1部に上場する約2000銘柄の株式のうち225銘柄を対象にした株式の平均株価を算出した値で、「日経225」などとも呼ばれています。

2019年6月14日の終値は21,116円89銭の84円89銭高で引けましたが、 これまでにつけた終値での最高値は1989年12月29日の38,915円87銭で現在の2倍弱の水準の株価だった時代もありました。

1985年から本日までの日経平均株価のチャートを見るとこのような感じの値動きになっています。

1985年1月~2019年6月までの日経平均、月足チャート (大和証券 多機能チャート)

1989年に最高値をつけたあと2009年まで下がったり、 上がったり を繰り返しながら、大きなトレンドとしては下げ続け、2012年アベノミクス相場がはじまり、大きな上昇トレンドに転じてきました。

このように日経平均株価を見て、「これが日本の株式相場全体の動きなんだな。」と思う方が大多数だと思われますが、先ほども出てきたように実はこの平均株価の動きは2000銘柄以上あるうちのたったの225銘柄だけの動きなのです!

さらに!?

この日経平均株価、225銘柄すべてが同じ寄与度で算出されている単純平均なのかと思いきや、銘柄によって寄与度が異なるので、実はその日の値動きの大半が2~3銘柄だったりするのです。

例えば、本日2019年6月14日であれば、84.89円の値上がりのうち、ファーストリテーリング(9983)とダイキン(6367)の2銘柄で約50円押し上げているといった具合です。

このように日経平均株価の動きを見て、日本の株価全体のトレンドを見ていると思っていると、実はそうでもないので、注意が必要です。

東証の全体の動きを見たい場合は、日経平均株価と一緒に発表されている、東証が定めたTOPIXであれば、東京証券取引所第1部に上場している、内国普通株式全銘柄で算出されているので、日本の相場全体の動きをつかみやすいかもしれません!

おまけ、日経平均株価構成の225銘柄(2019年6月時点)

銘柄コード 社名
1332 日本水産
1333 マルハニチロ
1605 国際石油開発帝石
1721 コムシスホールディングス
1801 大成建設
1802 大林組
1803 清水建設
1808 長谷工コーポレーション
1812 鹿島建設
1925 大和ハウス工業
1928 積水ハウス
1963 日揮
2002 日清製粉グループ本社
2269 明治ホールディングス
2282 日本ハム
2432 ディー・エヌ・エー
2501 サッポロホールディングス
2502 アサヒグループホールディングス
2503 キリンホールディングス
2531 宝ホールディングス
2768 双日
2801 キッコーマン
2802 味の素
2871 ニチレイ
2914 日本たばこ産業
3086 J.フロント リテイリング
3099 三越伊勢丹ホールディングス
3101 東洋紡
3103 ユニチカ
3105 日清紡ホールディングス
3289 東急不動産ホールディングス
3382 セブン&アイ・ホールディングス
3401 帝人
3402 東レ
3405 クラレ
3407 旭化成
3436 SUMCO
3861 王子ホールディングス
3863 日本製紙
4004 昭和電工
4005 住友化学
4021 日産化学
4042 東ソー
4043 トクヤマ
4061 デンカ
4063 信越化学工業
4151 協和発酵キリン
4183 三井化学
4188 三菱ケミカルホールディングス
4208 宇部興産
4272 日本化薬
4324 電通
4452 花王
4502 武田薬品工業
4503 アステラス製薬
4506 大日本住友製薬
4507 塩野義製薬
4519 中外製薬
4523 エーザイ
4543 テルモ
4568 第一三共
4578 大塚ホールディングス
4631 DIC
4689 ヤフー
4704 トレンドマイクロ
4751 サイバーエージェント
4755 楽天
4901 富士フイルムホールディングス
4902 コニカミノルタ
4911 資生堂
5019 出光興産
5020 JXTGホールディングス
5101 横浜ゴム
5108 ブリヂストン
5201 AGC
5202 日本板硝子
5214 日本電気硝子
5232 住友大阪セメント
5233 太平洋セメント
5301 東海カーボン
5332 TOTO
5333 日本碍子
5401 日本製鉄
5406 神戸製鋼所
5411 ジェイ エフ イー ホールディングス
5541 大平洋金属
5631 日本製鋼所
5703 日本軽金属ホールディングス
5706 三井金属鉱業
5707 東邦亜鉛
5711 三菱マテリアル
5713 住友金属鉱山
5714 DOWAホールディングス
5801 古河電気工業
5802 住友電気工業
5803 フジクラ
5901 東洋製罐グループホールディングス
6098 リクルートホールディングス
6103 オークマ
6113 アマダホールディングス
6178 日本郵政
6301 小松製作所
6302 住友重機械工業
6305 日立建機
6326 クボタ
6361 荏原製作所
6366 千代田化工建設
6367 ダイキン工業
6471 日本精工
6472 NTN
6473 ジェイテクト
6479 ミネベアミツミ
6501 日立製作所
6503 三菱電機
6504 富士電機
6506 安川電機
6645 オムロン
6674 ジーエス・ユアサ コーポレーション
6701 日本電気
6702 富士通
6703 沖電気工業
6724 セイコーエプソン
6752 パナソニック
6758 ソニー
6762 TDK
6770 アルプスアルパイン
6841 横河電機
6857 アドバンテスト
6902 デンソー
6952 カシオ計算機
6954 ファナック
6971 京セラ
6976 太陽誘電
6988 日東電工
7003 三井E&Sホールディングス
7004 日立造船
7011 三菱重工業
7012 川崎重工業
7013 IHI
7186 コンコルディア・フィナンシャルグループ
7201 日産自動車
7202 いすゞ自動車
7203 トヨタ自動車
7205 日野自動車
7211 三菱自動車工業
7261 マツダ
7267 本田技研工業
7269 スズキ
7270 SUBARU
7272 ヤマハ発動機
7731 ニコン
7733 オリンパス
7735 SCREENホールディングス
7751 キヤノン
7752 リコー
7762 シチズン時計
7911 凸版印刷
7912 大日本印刷
7951 ヤマハ
8001 伊藤忠商事
8002 丸紅
8015 豊田通商
8028 ユニー・ファミリーマートホールディングス
8031 三井物産
8035 東京エレクトロン
8053 住友商事
8058 三菱商事
8233 高島屋
8252 丸井グループ
8253 クレディセゾン
8267 イオン
8303 新生銀行
8304 あおぞら銀行
8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ
8308 りそなホールディングス
8309 三井住友トラスト・ホールディングス
8316 三井住友フィナンシャルグループ
8331 千葉銀行
8354 ふくおかフィナンシャルグループ
8355 静岡銀行
8411 みずほフィナンシャルグループ
8601 大和証券グループ本社
8604 野村ホールディングス
8628 松井証券
8630 SOMPOホールディングス
8725 MS&ADインシュアランスグループホールディングス
8729 ソニーフィナンシャルホールディングス
8750 第一生命ホールディングス
8766 東京海上ホールディングス
8795 T&Dホールディングス
8801 三井不動産
8802 三菱地所
8804 東京建物
8830 住友不動産
9001 東武鉄道
9005 東京急行電鉄
9007 小田急電鉄
9008 京王電鉄
9009 京成電鉄
9020 東日本旅客鉄道
9021 西日本旅客鉄道
9022 東海旅客鉄道
9062 日本通運
9064 ヤマトホールディングス
9101 日本郵船
9104 商船三井
9107 川崎汽船
9202 ANAホールディングス
9301 三菱倉庫
9412 スカパーJSATホールディングス
9432 日本電信電話
9433 KDDI
9437 NTTドコモ
9501 東京電力ホールディングス
9502 中部電力
9503 関西電力
9531 東京瓦斯
9532 大阪瓦斯
9602 東宝
9613 エヌ・ティ・ティ・データ
9681 東京ドーム
9735 セコム
9766 コナミホールディングス
9983 ファーストリテイリング
9984 ソフトバンクグループ


◇◇株式を購入するためには証券会社に口座を開設する必要があります◇◇

口座開設はインターネット上で簡単にできます。
マイナンバーと本人確認書類(運転免許証やパスポート、健康保険証など)を用意して、ネット証券のホームページから手続きを行ってください。
おすすめの証券会社一覧はこちら



免責事項■

当サイトは投資の参考となる情報提供のみを目的としたものです。投資に関する決定はご自身の判断でなさいますようお願い致します。
当サイトは筆者が信頼できると判断した情報源からの情報に基づいて作成してしておりますが、その情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
また、記載された意見や予測等はサイト作成時点での筆者の見解であり、今後予告なしに変更されることがあります。
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

QP(キューピー)
  • QP(キューピー)
  • 年齢43歳、静岡出身
    2000年:早稲田大学理工学部経営システム工学科卒業
    2002年:早稲田大学大学院理工学研究科機械工学専攻経営システム専門分野終了
    2002~2019年:大和証券証券株式会社にて個人営業、経営企画、ネット取引の企画、オウンドメディアの運営など企画部門に10数年従事。
    小さいころからキューピーちゃんにそっくりだったため、3歳から40歳を過ぎた今でもあだ名はキューピー。
    これから株式投資をはじめたい、株式投資を始めたもののどうやって投資したらよいか困っているという初心者向けに株式や経済、証券会社の選び方などについて、みなさまに役立つ情報を発信していきます!
    新設の株主優待情報などもいち早くお届けしていくので、
    Twitter:キューピーちゃんの株式経済研究所@stockeconomics
    Facebook:キューピーちゃんの株式経済研究所@a1stockeconomics
    もフォローしてくださいね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です