トレーディングパソコンの導入について考えてみた②パソコン選び方編!

トレーディングPCを導入するにあたって、どのような感じか確認するため、秋葉原にあるパソコン工房さんに実機を見に行ってきました!

パソコン工房を運営しているのは乃木坂46のCMでお馴染みの“mouseコンピューター”を製造・販売しているMCJ(6670)グループ会社でユニットコムです。

パソコン工房 秋葉原イイヤマストア
〒101-0021
東京都千代田区外神田3-13-2
TEL:03-3526-3571 / FAX:03-3526-3572

株やFX、仮想通貨取引をするにあたっては、取引画面、保有残高およびその損益、監視している銘柄のチャートと板情報。その他、日経平均株価や先物、為替などの指標、ランキングを画面の切り替えをすることなく、一度に開いておきたいですよね。

それを叶えてくれるのがマルチディスプレイのトレーディングPCです。

デモ機は8面のモデルでお店の2Fに展示してあり、店員さんが色々説明してくれました。

株パソ:8画面 秋葉原パソコン工房(筆者撮影)

まず、どのタイプが売れているかですが、画面数としては4画面と6画面が多く出ているとのこと。

パソコン工房さんではカブドットコム証券と共同開発した「株パソ」、外為どっとコムと共同開発したFX用の「外為パソコン」、マネックス証券と共同開発した「トレステPC」の3種類をトレード用パソコンとして扱っているのですが、

「画面数が同じであるとPCのスペック(CPUの速さやメモリ)的にはほとんど差がありません。」

とのこと。

各トレーディングPCの違いは?

それでは違いはなにか?

カブドットコム証券と共同開発した「株パソ」

  • カブドットコム証券のトップトレーダー仕様のkabuステーション用レイアウトが組立て段階でインストールして貰える
  • モニターとPC本体がセットで、組立てセッティングまで予め価格に含まれている

こんな方におすすめ

  • カブドットコム証券で取引する方
  • パソコンの組立て、セッティングがあまり得意でない初心者の方
  • 組立て、セッティングを自分でするのが面倒な方

マネックス証券と共同開発した「トレステPC」

  • マネックス証券のトレードステーションが予めセッティングされている
  • モニターなしで本体だけの購入も可能

こんな方におすすめ

  • マネックス証券で取引する方
  • 既にマルチディスプレイを持っていて、PCのスペックだけを上げたい方
  • モニターを自分好みにセッティングしたい方

ちなみにこちらは組立て、セッティングは有料オプションとなります。

外為どっとコムと共同開発した「外為パソコン」

  • 外為どっとコムの「外貨ネクストネオ リッチアプリ版」を組立て時にセッティングしてくれる
  • FX取引に必須な長時間にわたるチャー卜監視などにも安定した動作を保証する耐久性と冷却性能

こんな方におすすめ

  • 主にFX取引がメインの方

他にもトレーディングPCを販売しているBTOショップは何軒かありますが、mouseパソコンと根っこを同じにするiiyama製であり、カブドットコム証券やマネックス証券と共同開発を行っているということで、安心して利用できるのではないでしょうか。

QP(キューピー)
  • QP(キューピー)
  • 小さいころからキューピーちゃんにくりそつだったため、3歳から40歳を過ぎた今でもあだ名はキューピー。
    小学生時代に母親がしていた株式投資に興味をもち、母親の株式取引に銘柄指南、大学時代からは自分のバイト代をつぎ込み株式投資を開始。
    某証券会社にてネット取引の企画、オウンドメディアの運営など企画部門に10数年従事。
    これから株式投資をはじめたい、株式投資を始めたもののどうやって投資したらよいか困っているという初心者向けに株式や経済などについて、みなさまに役立つ情報を発信していきます!新設の株主優待情報などもいち早くお届けしていくので、Twitter:キューピーちゃんの株式経済研究所@stockeconomics、Facebook:キューピーちゃんの株式経済研究所@a1stockeconomicsもフォローしてくださいね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です