6月の株主優待!!東京のお洒落なレストランの優待券がもらえる銘柄は?



東京も先週から梅雨入りし、今週はずっと雨が続きそうな天気予報となっています。こんな外に出たくなくなるような時はゆっくりカフェやお家で株主優待でも調べてみるのはいかがでしょう?

先日も書きましたが6月の株主優待は3月末には対象の銘柄数で劣るものの、魅力的な株主優待が沢山揃っています。本日は主に東京で使えるお洒落なレストランの株主優待券が貰える銘柄をご紹介します。

グローバルダイニング (7625)

まずはグローバルダイニング (7625)です。同社はイタリアンの“LA BOHEME(ラ・ボエム)”やエスニックの“モンスーンカフェ”、メキシコ料理の“ZEST(ゼスト)”を運営している会社です。東京にお住いの方で飲み会や合コン好きなら1度は行ったことがあるお店ではないでしょうか。そんな同社の株主優待は500株以上所有の株主に対し、 直営店舗の店頭において株主優待証の提示により、会計料金の 15%割引の株主優待証を1枚贈呈というものです。こちらの優待証は1枚といっても回数制限なしで保有期間中は何度も使えますし、株主がまとめてお金を払えば同伴者も15%割引を適用してくれるとのことで、グローバルダイニングの系列店舗がお家の近くにあってよくご飯を食べに行く方や、飲み会の幹事をよくするような方はこちらの優待証を持っているとなにかと役立ちそうですね。

なお、ランチでは利用できなかったり、貸切パーティーでは使えないなどの制約もありますので、会社のIRサイトでチェックをしてくださいね。

なお有効期間は以下のようになっています。

  • 6月30日基準の株主:10月1日から翌年3月31日までの6ヶ月間有効
  • 12月31日基準の株主:翌年4月1日から9月30日までの6ヶ月間有効

サニーサイドアップ (2180)

横浜赤レンガ倉庫のbillsにて 筆者撮影

お次は サニーサイドアップ (2180) です。こちらは「世界一の朝食」と称されたスクランブルエッグやリコッタパンケーキが売りの“bills”を運営している他、 ブランディングやPR活動などコミュニケーションに関わる業務を主業務としている会社です。スポーツ選手の肖像権ビジネスを行っていることから、サッカーの元日本代表 の中田英寿選手ともマネジメント契約を結んでいたります。

そんな同社の株主優待ですが、先日、2019年7月11日を効力発生日とする1株→2株の株式の分割を発表し、分割後から保有株数の多い(500株以上)株主の優待内容を拡充するとのIRが出ています!

優待内容は、従来は1単元(100株)以上を保有している株主に、「bills」で指定メニュー2皿とソフトドリンク2杯という内容でした。

分割後以降は、 200株~499株の保有で「bills」で指定メニュー1皿とソフトドリンク1杯利用できる優待券2枚、500 株~で 「bills」で指定メニュー1皿とソフトドリンク1杯 利用できる優待券5枚となり、1人での利用がしやすくなったうえに、500株以上で5枚もらえちゃいます。使用する際の枚数制限はないようなのでお友達とも行けますね。

まだまだ、魅力的な株主優待がいっぱいありますので今後もお知らせしていきますね!

QP(キューピー)
  • QP(キューピー)
  • 小さいころからキューピーちゃんにくりそつだったため、3歳から40歳を過ぎた今でもあだ名はキューピー。
    小学生時代に母親がしていた株式投資に興味をもち、母親の株式取引に銘柄指南、大学時代からは自分のバイト代をつぎ込み株式投資を開始。
    某証券会社にてネット取引の企画、オウンドメディアの運営など企画部門に10数年従事。
    これから株式投資をはじめたい、株式投資を始めたもののどうやって投資したらよいか困っているという初心者向けに株式や経済などについて、みなさまに役立つ情報を発信していきます!新設の株主優待情報などもいち早くお届けしていくので、Twitter:キューピーちゃんの株式経済研究所@stockeconomics、Facebook:キューピーちゃんの株式経済研究所@a1stockeconomicsもフォローしてくださいね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です